小学6年2月1日の記録

5年生から頑張ってきた中学受験。

目指してきた2月1日が終わりました。

埼玉校の時同様、

校門の前に応援の塾の先生たちが

エールを送ってくれていました。

 

塾をやめたけど、四谷の先生も来ていて、

頑張ってね言ってくれました。

その横に、家庭教師の先生!

 

わざわざ、息子のために来てくれたのです。

 

こわばってた息子の顔も緩み、

緊張もほぐれました。

 

校門で別れ、私は試験が終わるまで

近くのファミレスで時間をつぶしました。

とてもとても長く感じました。

 

終了の時間に、学校へ、

校舎からでてくる息子を待ちました。

私の顔を人ごみからみつけ

笑顔で近づいて来る息子

 

母:「どうだった?」

 

息子:「算数、全部解けた!

ケアレスミスがもしあったとしても

90点以上は取れてると思う」

 

母:「ほんとかなぁ?」

 

母:「国語は?社会は?理科は?」と質問攻め!

 

息子:「理科が一番難しかった」

息子:「おかあさん、僕、多分、大丈夫だと思う」

 

その自信はどこから?

埼玉受験の時よりも解けたらしいのです。

 

でも、埼玉の受験校よりも

合格点が高いのですよ。ここは!

 

それを息子はわかっているのだろうか?

 

家に帰り、明日の準備をしようと言うと

 

息子:「明日は受けない!」

息子:「明日の学校に受かっても、行きたくない!」
息子:「行きたくない学校だから受けない!」
なんという息子でしょう!

 

母:「もし落ちたらどうするの?」

 

落ちたら、4日も受験するから

4日のために専念して勉強したいとのこと

 

今日テストを受け、手応えを感じているようです。

 

過去問を徹底的に分析して取り組んだので

問題になれたというのです。

だから、今日ダメでも

4日リベンジしたいという息子

 

息子:「僕、ここ以外行きたくない!」

 

母:「でも、もし4日ダメだったら?」

 

息子:「2日の滑り止めに行くくらいなら埼玉の学校へ行く!」

 

この頑固さはどこからくるのでしょう?

 

夫と相談しまいしたが、

そこまで覚悟があるなら

息子のしたいようにさせよう

ということになりました。

 

ということで、明日は受験しません!

一緒に合格発表を見に行きます。

 

今日は、今日の問題の答え合わせをし

算数を数題解き、社会の暗記の確認をして寝ました。

 

息子の「出来た」を信じたいけど

ぜんぜん、そんな気持ちになれない母です。

 

小学6年2月