小学6年9月15日の記録

6年9月の第3回合不合、

雨の中大変でした!

靴も靴下も替えを持って行ったのに、

試験が終わって息子を見ると濡れたまんまで

テストに臨んだ様子

呆れる母でした。

 

「どうだった?」という問いかけをあえてしなかったら。

「今回、結構いいかも!」と息子

 

息子からテストの出来について発言することは少ないので

ちょっと期待していいのかな?

 

今日が、合不合だというのに、

昨日は、息子が希望する学校の

学園祭へ行って来ました。

 

去年も行ったのですが、

もう一度行きたいというので午前中行って来ました。

 

行ってみて思ったのが、

「合不合の前日でも来てよかった!」

 

今年は、この学校に入学できたら、

という目線で見ることが出来ました。

 

生徒の雰囲気とか、先生の雰囲気とか、

学園祭とは関係なく、壁に貼られた掲示物、生徒の課題物

それを見て、本当に好感がもてる学校で、

ここに入学できたらと強く思いました。

 

刺激を受けたのは、親よりも息子です。

 

中2の男の子数人が話しかけてくれて

「勉強は、大変だけど入るともうそんなに勉強しなくていいから今はガンバレ」

「算数はとにかくやった方がいい。国語も結構難しいから苦手な人は辛い」

「待ってるからね」

などと、優しい言葉をかけてくれました。

 

もう、息子は入る気満々!

「僕、絶対この学校に合格したい!」

 

6年生は、もう文化祭に行っている場合じゃない!

と塾の先生に言われましたが、

「そんなことありません!」

 

普段、勉強ばかりで煮詰まっているからこそ、

文化祭はいい気分転換になり

勉強のモチベーションがアップすると思いました。

 

だらだら、勉強するより絶対いいです。

 

今日の合不合がよくできたのも、

学園祭へ行ったからじゃないかと思っています。

 

来週も、文化祭へ行きます!

併願校を決めるためにも

6年生は文化祭へ絶対行ったほうがいい!

と思いました。

 

小学6年9月