小学5年12月9日の記録

<おすすめの本>
中学受験 塾に頼らなくても合格できる!

本の詳細は、記事の最後で詳しく紹介します。

中学受験5年の冬期講習はキャンセルしました!

やることが多くて最近消化不良を起こしている

四谷大塚に通う小学5年の中学受験生の息子。

Cクラスのペースに全然慣れません。

 

すべき優先順位は分かっていてもとにかく時間がない!

 

算数は難しくて時間もかかる。

それだけで終わってしまい。他の科目に手が行かない。

 

何も考えず、冬期講習の申込みをまだ秋になって間もない時期に

塾に促されるまま申し込みをしました。

 

 

疲れきっている息子を見て、

冬期講習はキャンセルしたほうがいいのではと悩む日々。

 

 

講習の期間は各塾にも寄りますが、

 

冬期講習の期間は、4日から長くて8日。

 

もう一度、四谷大塚の冬期講習で学習する内容について確認してみました。

 

「カリキュラムが応用問題を解くことに重点を置く」

 

応用問題を解く!?

 

基礎もしっかり出来ていないのに、

この時期に我が息子が応用問題をやるのは意味がない!

ということでパスしました。

 

誤解がないように付け加えますが、

塾の勉強にしっかりついていけていて、

消化不良を起こしていない場合は、

冬期講習も無駄ではありません。

 

 

また、塾やコースによっても、

基礎を丁寧に復習させ

実力をしっかり上げていくコースの塾もあります。

 

「5年の後期を消化できないまま、6年のカリキュラムに入ると

偏差値を上げることも維持することも難しくなる」

 

そうなんです。期講習なんてたった数日

 

その期間、苦手科目に費やすことが最良だと悩みが吹っ切れた!

 

 

冬期講習なんて塾の先生のボーナスよね~

 

冬期講習キャンセルしました。

 

いろいろ先生に嫌味!?を言われたかけましたが、

 

何が大切か、今何をすべきか。

整理できました。

 

 

今日のおすすめの本

中学受験 塾に頼らなくても合格できる!

 

塾に振り回させてはいけない!

いろんな本を読んでわかっていたはずなのに、中学受験生なら誰もが申し込む冬期講習に振り回されてしまった!

 

そんな時に読んだ本。

 

我が子を希望校合格に近づけられるのは、
塾+親の力。
特に、親がどうすべきが、どう動くべきかが重要です。

6年になったとき何をすべきかが参考になります。

 

逆算して、今やらなければならないことがわかりました。

小学5年12月