小学6年4月10日の記録

中学受験終了組先輩ママの情報はありがたい!

スーパーで偶然会った先輩ママと立ち話。

無事に希望の学校の入学式を終えて感慨深いと言っていた。

そして、「今は苦しいけど、出口はあるから頑張って」

と励まされました。

 

入試の頃の大変だった話しをしてくれたのですが、

その時会話に出たのが

現代用語の基礎知識 学習版

 

入試の時事問題対策に持っておいたほうがいい1冊らしいです。

 

早速Amazonで注文して、昨日届きました。

 

これ、とっても分かりやすい!

 

新聞とかテレビとか適当に見てたりしているうちに

新しいニュース用語が誕生していて???

になることよくあります。

 

国内はもちろん、国際情勢についても

抑えて置かなければならない重要項目が次々と・・・

 

尖閣諸島、微小粒子状物質(PM2.5)、

北朝鮮との関係、 TPP ・・・

 

塾でも教えてくれますが、

別の角度から問われたり、

関連事項から問われると

深く理解出来ていなければきっと解けない。

 

ストレートに問題を出す学校もあるけど、

斜めから問題を出す学校も・・・

 

社会だけでなく、理科の問題に時事を絡めてくる学校もあります。

 

塾のテキスト以外に、副読本を持っていると

関連性のある記事を読んでより深く広く理解でき、

長く記憶することができると思います。

 

息子は、毎日朝日小学生新聞を読むのを1ヶ月で挫折組

 

昨日は、トイレに現代用語の基礎知識 学習版

そっと置いといたら(読みなさいといわれるのを嫌がるので)

興味を持ったようで、トイレから持ちだしてソファーで横になりながら

よく分かるとか言って読んでました。

 

朝、私が新聞を読んでいて、

分からない言葉や事柄を調べるのにも役立ちました。

 

時事問題は、知ってれば解ける得点源になるそう。

「みんな出来ない問題だから解けなくても大丈夫」

というような問題がもし解けたらそれはかなり大きい!

 

広く知ってたほうが有利!

 

息抜き程度に読んだつもりが知識になる!

そんな予感をさせてくれる本です。

 

小学6年