四谷大塚の面談で教えてもらったBからCコースへ成績を上げる方法

小学5年10月10日の記録


boku

息子が通っている塾(四谷大塚)の面談がありました。
志望校について聞かれたので、先日決めた今の成績とかけ離れている学校を息子が志望していることを話しました。

詳細記事
中学受験体験談中学受験志望校決定!?でも偏差値足りないよ!

馬鹿にされるかと思いきや、

「今まで順調に成績が伸びているので可能性はありますよ。」

えっ、可能性あるんですか?
否定しないでくれるって嬉しい!

mamagon

 

塾も商売だからダメと言わないのか、無理な志望校を上げる身の程知らずの親の対応になれているから、ネガティブなことは言わないかもしれませんが、可能性を感じさせてくれるお言葉に嬉しくなりました。

もっと嬉しかったのは、合格を目指すための具体的な方法を提案してくれたことです。

mamagon

ただ、がむしゃらにやっても成績が上がっていかないので、具体的な対策を聞けて嬉しい!

合格を目指すための考え方

小学5年の息子は現在Bコース。

息子が行きたいって思っている学校は、2月1日、偏差値60ラインあたりの成績の子が受験する中学です。

先生のお話によると、この中学へは、Bコースで合格した例もあるそうですが、四谷大塚での合格者は、ほぼ、CコースSコース在籍者だそうです。

 

息子さんが希望する中学へは、ほぼ、CコースSコース在籍者ですが、Bコースからも数名の合格者が出ています。
Bコースからは数名・・・・?

mamagon

ですので、まずCコースに上がることを目標に勉強してください。
Cコースに上がることを目指す!?
確かに、Bコースからのままだと難しいけど、Cコースの学力なら可能性は高くなりますね。

mamagon

 

この説明、なるほどって思いました。いきなりゴールを目指すよりも、

  • まずは目標設定をCコースの学力を目指す!

と、目標を細かくしてスッテップアップしていく方が、対策も立てやすいし現実的に捕らえられます。

ただし、今の勉強方法では簡単にCコースには上がれません!
あー、やっぱりそうですよね。

mamagon

BコースとCコースとの高い壁

先生のお話によると、BコースとCコースでは、授業内で解く問題の難易度にかなり差があるとのこと。

なので、Bコース在籍とCコース在籍では、取り組む学習スタイルが違うので、受け身のままだと開きができる。

例えば、試験でBコースの生徒とCコースの生徒が、同じ偏差値57という結果が出たとしても、真の学力の内容はまるで違う。

次の試験で、Bコースは、偏差値57キープがやっとでも、Cコースの生徒は、簡単に 59、60あたりの偏差値に届くことがある

この結果は、Cコースに在籍できる生徒は、基礎がしっかりしていて、解き方の引き出しを多く持っているレベルにあったから。

Bコースで、偏差値55、56あたりにいて、頑張って偏差値57なる生徒は、基礎がしっかりできつつあるが、発展問題をとく筋力がなく、引き出しもないので偏差値56ですら維持することがとても難しく、壁を超えられないでいるそうです。

解き方の引き出しは、発展問題を多く解くことで増えていく。
つまり、発展問題をどんとんといていくことで、筋力がつき、引き出しが増え成績が伸びるということですね。

mamagon

BコースにいてもCコース同等の学力をつける方法

Bコースでは、基礎を徹底することにフォーカスが当たっているので、発展問題は積極的に取り組みません。

基礎的な問題、プリントを徹底すると成績はグングン伸びて行きますが、難しい本題になるとまるでお手上げになるのは、発展問題をやっていないからです。

Bコースにいても、Cコースの問題をやっておくように!
うわー、やることいっぱい。

mamagon

時間的に、厳しいなぁ。と思いましたが、BコースにいてもCコース同等の学力をつけるためには、言われた通り学習するしかありません。

具体的学習方法

  • 暗記分野はテキストの隅々まで覚えること
  • 系統だてて覚えること
  • 算数は、基本問題は完璧にして、応用も解ける力をつける

 

mamagon

ますます、やることが増えてきました。

夏休みに旅行など行ってる場合ではないとはこういうことだったのか!?

詳細記事
中学受験体験談中学受験生5年の夏休みの計画

息子の今までの勉強量は難関校を目指すには全然足りないってこと、再認識しました。

母としては、中堅校でも良いと思っていますが、目指せるところまで頑張ることは無駄にならないって思います。

mamagon

一度きりの中学受験。今のところ楽しく勉強しているので志望校も見つけてモチベーションが上がったところを利用して頑張らせてみるか!

 

小学5年10月

 

後日譚

この時、四谷大塚Bコースで、合格はとても難しいと思っていた難関校に、息子は合格することができました。

振り返ると、この日の面談が、ターニングポイントでした。

なんども絶望感を感じ、ギリギリまで合格は難しいと思っていても、

  • どうしても合格したいという強い気持ち
  • 正しい情報、
  • 細かい目標設定
  • 正しい方法

で取り組めば合格はできるのだと思いました。

中学受験は、限られた時間の中、どれだけ、多くのことを覚え、実践できるかが合格の秘訣です。

ガムシャラにやっても合格できないのは、無駄な努力で時間を使い勉強した気になって、成果につながらない。

ということにあります。

そのことについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。

【中学受験】小6春に受験リタイアも決断した息子が本気を出し逆転合格できた戦略

我が家の中学受験の記録が参考になれば嬉しいです。