小学6年7月11日の記録

中学受験を目指す6年の息子は、算数が苦手です。

息子の第1希望の学校は、

「偏差値60以上ないと合格の可能性は限りなく低い」

 

算数以外で、例えば、

歴史や理科で点数を稼いでという戦略は

そのレベルの学校では合格率が低いそうです。

 

算数の力は、どんな問題が出ても、

偏差値60近い成績ならば

安定した成績が望めるとか

 

算数は、中学受験で習うべき単元が決まっていて、

難しい問題が出ても、習ってきたことをツールにして解き

正解を導けばよい。

 

でも、理科や社会は、塾で習っていない範囲や

クセのある問題の出し方をされれば、いつも成績が良くても

習っていない問われ方のため点数は取れないらしいです。

 

だから、今、限りなく第1志望に遠い成績なら

なおさら、算数を得意にする必要があるそうです。

息子の組分けの算数は、偏差値54でした。

 

家庭教師の先生の話によると、

ここから戦略的に勉強することで

受験までに偏差値は60になるとのこと。

 

家庭教師の先生に教えてもらった方法を紹介します。

偏差値別中学受験算数勉強法

偏差値偏差値50前後の学校を狙う場合

  • 偏差値50前後の学校を狙うなら、「四科のまとめ」を徹底して勉強する
  • 繰り返し繰り返し、解き、答を見ながら解法を理解させて解く
  • できなかったところは、印をつけて、数日後、また解く
  • できないところができるようになったら、また最初から解く

この繰り返しで、

「四科のまとめ」を何度も何度も解いて

分からないところがないないレベルまでにすれば、

偏差値56くらいの学校が

合格できるレベルになるそうです。

 

偏差値偏差値60前後の学校を狙う場合

  • 算数の基礎力を確実にすることが最大の近道
  • 算数にある程度自信があっても、「四科のまとめ」を徹底してやる
  • わからない問題が無いレベルになるまで、なんども繰り返し解く
  • それと、平行しやらなければならないのが、応用問題
  • 「実力完成問題集」を難易度を徐々に上げながらやっていく

「実力完成問題集」は、

この時期多分全くできないそうです。

 

それでも、解いて、

わからないところは先生に聞いて

解法を解説してもらい、

理解させながら勉強することが重要だそうです。

 

これを地道にやっていけば、

12月頃になると、夏にできなかった

問題がするする解けるようになってくるそうです。

 

志望校の過去問はいつやるのか?

「四科のまとめ」ができるようになるまでは、

やる必要なないそうです。

 

というのも、早い段階から基礎もできてないでやると

過去問の答を覚えてしまい、何度か繰り返すことで

算数ができるようになった錯覚に陥るそうです。

 

塾によっては、

早めに過去問を取り組みように指導される場合も

あると思いますが、

基礎ができてからでないと

まるで、解けず、自信も失い良いことはないそうです。

 

「できた」という感覚は、

モチベーションアップにもつながるので

過去問を始める時期は慎重にしたほうがいいそうです。

 

通常であれば、10月頃から過去問を始めることになるそうですが、

問題が解けなければ、できなかった単元の「四科のまとめ」をやり

「実力完成問題集」をやる。

 

この時期には、学校別コースか入試実践コースが始まり

そこでの問題も繰り返しやっていくことになっていると思います。

 

やることは、多いけど、

優先順位は、基礎がため(四科のまとめ)

 

過去問を解きながら、

できない問題ができるようにするための勉強

 

例えば、速さがよく出る学校で苦手なら、

四科のまとめ →「実力完成問題集」 (速さの単元)

 

おそらく、息子のレベルでは、

学校別コースは無理なので

入試実践コースになると思います。

 

このコースは、学校のくくりが大きいので

過去問の傾向からみるとムダが学習になってしまう場合もあるそうです。

やることが、多いのだから、

全部こなそうというのは無理。

入試実践コースに入ってしまったなら、

志望校の過去問を軸に勉強していく方がいいそうです。

 

つまり、割合がすごく出るのに対して、

場合の数はそれほどでもないとか。

配分を考えて、勉強する。

 

過去問の傾向にあわせ、苦手分野を潰していく。

この方法なら、偏差値が50以下でも、

徐々に徐々に成績があがり

10偏差値を上げることも可能だそうです。

 

とすると、偏差値前後の学校を狙っていた子も

10月くらいまでに、基礎がためが完成出来れば、

その上の学校も目指せるそうです。

 

大事なのは、わからなかったら先生を利用すること。

四谷の教材は解き方が載っているのですが、

わかりにくいことも多いです。

 

ここで時間をロスのはもったいない。

だから、わからなかったら先生に聞く。

 

これで、息子のような成績でも、

まだ偏差値60前後の学校合格の望みはあるそうです。

夏休みは、夏期講習の復習もあり大変ですが、

「四科のまとめ」を徹底してやることを目標に頑張ります。

 
▼家庭教師の選び方についてはこちらの記事で詳しく紹介しています

偏差値43から偏差値60以上になる中学受験家庭教師の選び方

▼関連記事
我が家の家庭教師関連記事はこちら
 

小学6年7月