小学5年12月22日の記録

小学5年四谷大塚に通う中学受験生の息子は算数が苦手です。

 

ひらめきのない息子は授業についていくだけでも大変!

 

そんな算数苦手な息子の話を中学受験先輩ママに話したら、

この本をすすめてくれました。

親が教える子どもの弱点克服術!

組み分けで、算数に力をいれて頑張って、

それなりに成果はあったのですが、

私のやり方が本当に正しいのか近道なのか

 

中学受験未経験の母は不安になります。

 

この本は「子供がわかっていないところ」を発見し、

どうすれば良いのかに焦点をあて、

実際の受験問題に則した例題をもとに、

その解き方を紹介しています。

 

第1章 計算の問題で困ったら
「計算ミス」の原因はいったいどこにあるのか?

 

第2章 「数の性質」の問題で困ったら
「数の性質」を頭の中でイメージ化できるように

 

第3章 比と割合の問題で困ったら
受験算数の鍵を握る重要単元は分数の正しい理解がポイント

 

第4章 速さの問題で困ったら
「速さとは何か」の概念を改めて正確に理解しよう

 

第5章 図形の問題で困ったら
糸口を見つける練習を重ねて図形問題を解く「ひらめき」を得る

 

第6章 場合の数で困ったら
「覚えること」以外に得点力をつける方法がない単元

 

第7章 文章題で困ったら
解法の成り立ちを理解して文章題を読み解こう

 

付録 つまずき発見スピードチェック50問

 

なんで息子が今まで分かっていなかったのか、つまづいていたのか

私のほうが焦っていたけど読んでスッキリ!

 

子供への声のかけ方がわかりました。

 

中学受験は、親と子の二人三脚

親の受験って言うけど、ホントだなぁ。

 

親が息子の状況を把握して手を引っ張って上げることは

過保護かもしれないけど、膨大な量を学習して理解しなければ

中学受験の海に溺れてしまう。

 

小学生には本当に大変なことをさせている。

親がペースメーカになってあげると子供は最短で中学受験のための

学習量を消化できるとかかわればかかわるほど実感します。

 

小学5年12月

 

こちらの本もおすすめです。