小学5年1月28日の記録

志望校全滅というまさかの結果も毎年あるという中学受験

 

四谷大塚でも、1月校がダメで2月1日を迎えるお子さんは

相当厳しい心理状況に置かれるため

2日、3日と尾を弾いて負のスパイラルに陥るお子さんが

複数出てしまうといいます。

 

一生懸命頑張っていてもまだ12歳

この試練は重い。

 

ただ、四谷大塚のここからのフォローは手厚いといいます。

 

このような状態に陥ってくると

家庭ではどこでもいいから合格して欲しい

という心理状況になっても

どこがいいのか冷静に学校を選ぶ余裕も気力も

なくなってくるらしいです。

 



 

そのことを塾側も先生側も十分理解していて

「こんな学校がある」と

合格の可能性のある子供の性格にあった学校を

受験してみるようにすすめてくれるといいます。

 

 

個別に塾に残ってつきっきりでの指導もしてくれます。

 

志望校の問題に類似したプリントや

志望校の記述問題を丁寧に添削してくれたりと

なんとか志望校へ合格できるように最後の最後まで

引き上げてくれる姿勢は凄いと思います。

 

 

先日、塾の先生と面談で話した時に

聞いてきた6年の入試直前の様子からの私の感想です。

 

 

その日は子どもが学校へ行っている時間に面談

授業が終わってからは、この時期残っている生徒の対応で忙しいといいます。

 

 

「どうしても合格したくて食いついてくる子」

「落ち込んで引きこもってしまう子」とそれぞれ

その個性を尊重して接している先生の姿に好感が持てました。

 

 

1年後は我が子がお世話になり、

志望校全滅の危機に遭遇しているかもしれないと思うと

「四谷大塚にして良かった」と思いました。

 

 

どこの塾もこの時期、受験生には親身になってくれるとは思います。

 

しかし、ノウハウやデータを持った大手塾の手厚い指導は、

ネガティブな心理状況に置かれた受験生とその親には、

 

安心して頼れることが一番です。

 

そのようなサポート体制がしっかりしているのが

「四谷大塚」の魅力であり、安心感でもあります。

 

 

どんなに頑張っていても結果が伴わないこともある。

そういった状況の時の対応が一番重要。

 

 

入試直前の指導で、

その後の子供の進路が決まってしまう。

失敗しない塾選びの最重要ポイントです。

 

小学5年1月

 

塾選びに悩む時に読む本