小学6年7月7日の記録

中学受験を目指す我が息子。

6年6月この時期に、CコースからBコース転落!

この時期から偏差値を10アップさせないと

第一志望の合格は無理!

 

※我が家はプロの家庭教師と併用で中学受験目指しています。

詳細はこちら⇒家庭教師関連記事

中学受験小学5年の冬に家庭教師を見つけるのが合格の裏技!

 

月に1~2回だった家庭教師を増やしたほうがいいのではないか?

 

家庭教師の効果は、実感してます。

やっぱり、わからないところをすぐ聞けて、

わからないところを解決できるのはいい。

 

効率の良い勉強の仕方というのも教えてくれる。

塾は、「受験までに、これだけできるようにしておきなさい」といいます。

 

課題を教えてくれるけど、

それをどうやってやればいいのかは教えてくれない。

 

家庭教師は、先生が息子の躓いているところがわかっているから

最短でやるべきことを指示して

学力を上げてくれるのが最大のポイント。

 

家庭教師の日数を増やしたい!

でも、今の塾のスケジュールじゃ無理。

 

家庭教師の先生に相談したら、

夏期講習をやめて

家庭教師中心が一番いいとのこと。

 

考えてみたら、夏期講習は、

その子の学力にあわせのカリキュラムじゃないから

 

例えば、速さはなんとかできるけど、

図形が苦手っていう場合も

速さも図形も同じウエイトでやる。

 

浮力が苦手で、てこはなんとかなるけるけど

って言う場合も、両方同じウエイトで

授業を受け、宿題をこなす。

 

これを全てこなせるなら、力はつくけど、

普通の子はこなせません。

 

朝から夕方まで授業があって、

帰ってから宿題で疲れきってしまう。

 

最悪なのは、勉強した気になってしまうこと。

 

夏休みにやるべきことは、

苦手科目を克服すること。

 

分からないところをひとつずつ得意にしていくこと。

 

息子は、今完全に自信を喪失しています。

やらなきゃやらなきゃって焦っているけど、

何をどうやればいいのかわからない。

 

夏期講習に行けば、

なんとかしてくれるって思ってる。

 

でも、なんともならないと思う、

本人が何をすべきか理解してないから。

 

多分、中学生、高校生なら

それがわかって力の配分が上手にできるのだと思う。

 

小学生でそれができるのは、

超難関校に手が届くレベルの子

 

息子は、自分でそれができない。

というか私がそうさせてしまったのかもしれない。

 

今、やるべきことは、これ、これ、

って全部私が指示していたから。

 

そうはいっても、まだ小学生。当たり前なんだと思う。

中学受験は親の受験って言うのだから。

 

そして、一番心配なのは、

息子がもうすでに疲れきってしまっていること。

 

一日塾に拘束されて、

帰ってからも課題があっての生活は

息子にとって言い訳ない。

 

じゃぁ、夏期講習へ行かなかったら

どんなデメリットがあるのか?

夏期講習へ行かなかったってことで

不安になることかな。

 

夏期講習でみんなが特別なことを

教えてもらったような気がするとか・・・

 

2、3日中に夫と息子と

3人で話し合って結論を出す予定です。

 

偏差値43から偏差値60以上になる中学受験家庭教師の選び方

小学6年7月