小学6年9月20日の記録

合不合の結果がでました。

「手応えがあった」という本人の言葉どおり、

力がついてきたと実感できる結果でした。

 

でも、周りも頑張ってますね。

偏差値60超えるかなって思ってましたが、

まだまだでした。

 

でも、一つの手応えを感じ

今まで悩んできたことへの決断ができました。

 

「もう、塾は必要ないと」

 

今まで、塾の過密スケジュールに振り回されてきました。

何度、家庭教師にシフトしようと悩みましたが、

 

春期講習を辞めること、

夏期講習を辞めることが出来ませんでした。

 

途中、ドロップアウトしそうになって、

やっぱり思いとどまるも

成績急下降からの復活は大変でした。

 

夏休みは疲れ果て、

思うように勉強ができない日々。

 

私は、思い切って塾を休ませました。

 

5年の冬に確保した家庭教師の先生に週2日来てもらい、

今は、塾へは行ったり、行かなかったり。

 

塾へ行かなくなると、

息子が精神的に楽になっているのがわかりました。

 

今まで、小学生なのに、

10時過ぎに家に帰ってきて、

少し休んで深夜までまた勉強。

 

学校の宿題が多い日は、

2時まで寝ることができなかった日がありました。

 

それが、今は11時に寝ることができています。

 

気分転換に、学校から帰ってきて

40分自由時間を設けました。

 

外で友達と遊んだり、ゲームをしたり。

 

塾での拘束時間は、もったいないです。

勉強時間は、もう苦手分野だけに注ぎたい。

 

既にわかっていることの復習までする

塾での時間がもったいない。
受験する学校には出ない、

問題を解く時間はもったいない。

 

そう思ったから、

塾をもう休ませてもいいと思ったのです。

 

本当は、辞めたいのですが、

家庭教師の先生が

塾でもらうプリントは活用したほうがいい、

それから、塾はペースメーカーになるので

たまに出席したり、テストを受けて、

自分の状況を把握するためにはいい

 

とアドバイスしてくれたのでやめないでいます。

 

お金はもったいないのですが、

何があっても第1希望に入るためには

どうすればいいのかを考えての結論です。

 

貯金を切り崩してここまですべきか?

とも思いましたが、夫も塾だけでは、

今の息子の合格の確率は低いと思っているようで

貯金を切り崩し、ここは家庭教師にかけてみよう

ということになりました。

 

合不合の結果は、前回よりもかなり上がりました。

まだ、志望校に届く成績ではありませんが、

手応えを感じました。

 

塾へ行かなくなって、

家庭教師の先生と頑張った成果が確実に出たからです。

 

我が家のケースが、どの家庭にも合うかわかりません。

でも、もし、お子さんが、塾に疲れきっているのなら

家庭教師を検討してみて下さい。

 

いろいろある家庭教師センターですが、

 

この時期の家庭教師では、

入試直前対策がしっかりしているところがいいです。

 

安いからと言って、学生のアルバイトだけは避けて下さい。

ノウハウのない家庭教師を選ぶと失敗します!

 
そしてプロの家庭教師と宣伝しているところでも
最新の中学受験事情に詳しいプロかどうか
見極めるようにしてください。

最新の問題傾向がわからなければ、
いくらプロでも受験に勝てません。

いろいろ資料請求をしましたが

中学受験専門のプロの家庭教師集団が

高いノウハウを持っていると思いました。

 

資料請求できる家庭教師の公式サイトでは、
「志望校が無理」でも合格できるノウハウが紹介されています。

 

家庭教師の資料請求は、
公式サイトから資料請求でき、資料もすぐ届きます。

対応が早く、家庭教師をお願いするとすぐ決まります。

 

 
▼家庭教師の選び方についてはこちらの記事で詳しく紹介しています
偏差値43から偏差値60以上になる中学受験家庭教師の選び方
▼関連記事
我が家の家庭教師関連記事はこちら