小5偏差値43からスタートで偏差値60の学校に合格しました。

奇跡の合格は、塾からプロの中学受験家庭教師に切り替えたからです。

当時の息子は、算数がネックで6年になっても第1志望はほぼ無理な成績でした。

もし、あの時、家庭教師に切り替えるという選択をしなかったら・・・

かなりの確率で息子の合格はなかったでしょう。

今日は、効果的な家庭教師の使い方と選び方についてお話ししたいと思います。

いつから、家庭教師に切り替えるか?

我が家は、小学5年の2月に、6年生受験組終了のタイミングでプロの家庭教師を確保しました。

四谷大塚を主体し、月に数回来てもらうというスタイルを秋まで続けました。

なぜ、塾を主体としたのか

  1. 大手塾は受験の情報量が豊富
  2. 家庭教師ですべての科目は高額

皆が塾へ行っているのに、

家庭教師1本は、不安要素が大きかったです。

金銭的なことも大きいです。

 

我が家は6年秋から家庭教師へシフト

 

このように我が家では

秋からシフトしたことで

第1志望に合わせた受験勉強を組むことができ

短期間で成績を伸ばせました。

 

でも、今振り返るといろいろ無駄もあったなぁと。

秋では、間に合わないこともないけれど、

やはり、夏には切り替えたほうが良かったような気がします。

 

良い家庭教師を5年のうちに確保

 

みなさん6年の夏の時期は、

家庭教師を探している人が多くなってきます。

需要が多くなるので

相性の良い人に出会えるかは運です。

 

5年のうちに、いろいろ探して相性の合う人を

じっくり選ぶのがいいと思います。

 

5年生なので、

合わなかったら簡単に変えられますので。

 

5年までは、月1でも十分

相性のいい、プロの家庭教師は高いです。

でも、高いノウハウを持っています。

 

いい先生を確保していると

6年になって無理と思えるレベルでも

合格を引き寄せてくれます。

いかにしたら合格させられるかの

テクニックを持っているんですね。

 

しかし、普通の家庭では、毎週見てもらうことは

費用的に無理です。

 

なので、6年の秋ごろまでは、

月に1回程度十分です。

 

今、何が出来ていなくて、来月までに

何をすべきか課題を出してもらいます。

 

受験は結局は、どれだけ勉強したかなので

 

成績を伸ばすための具体なその子に合った方法を見つけ、

正しく子供に指示し、それをその子がその方法どおり行えば

 

必ず成績は上がります。

 

その子に合った具体的な方法を指導してくれる人が

本来塾であればいいのですが、

 

塾は、大勢の子を見ています。

テストの答案から見えない、その子の苦手なところ

 

  • 答案に書くひっ算が汚くて、数字を書き間違えミスをする
  • 問題を解く配分をわかっていないから、できる問題も落としている
  • 基礎的なことがわかっていないから応用が利かない
  • 語彙力がないから問題を理解できていない

 

一例をあげてみました。

息子の家庭教師は、息子が問題を解くとき

隣でじっと見ていました。

 

「何に躓いたか」

「どんな無駄があるのか」

 

それを正しく見抜き、ちょっとしたアドバイスをもらい

すぐに成績が目に見るほど上がりました。

 

この役割ができるのであれば、

プロでなくても優秀な学生家庭教師でも構いません。

 

ただ、プロの方が、学生よりノウハウを持っているので

当たりはずれは少ないですね。

 

優秀な家庭教師の見つけ方

資料請求して、自分の中で基準を設ける

少なくとも2つ資料請求して

自分の中で基準を設けます。

  • プロと学生などを使った家庭教師と何が違うのか。
  • 派遣センターとしての質はどうか。
  • 合格実績はどうか。
  • 合格までの具体的な指導スケジュールはあるのか

 

2つを比較することで、

実際にお話を聞く段階でいろんな質問が

できるようになります。

 

合格が目的なので、いろいろな要求を

家庭教師に求めることができます。

どれだけ、具体的にこちらも指示できるか。

 

具体的な指示を家庭教師側が受け入れてくれるところが

合格を近づけてくれるよい家庭教師です。

 

電話より資料請求がおすすめ

 

いきなり電話をすると、勧誘に負けてしまいます。

資料請求してじっくり内容を確認するのをおすすめします。

2社で比較すると、そのあとで電話がかかってきたときに

相手に突っ込んだ質問もできます。

 

また、気に入らない場合も、どこが気に入らないのか

はっきり伝えることができ、断ることができます。

 

【参考】家庭教師派遣

 

家庭教師といえば、「トライ」をイメージする人が多いと思いますが、

ノウハウをしっかりもっているかというとちょっと疑問です。

以下の家庭教師の質を基準としてみて下さい。

 

学研中学受験家庭教師

サピックス、日能研、四谷大塚、早稲アカなどすでに受験塾の通っているが、ついていけないというお子さん、基礎からみっちりやり直したいというお子さんには、家庭教師もいろいろ選択できる学研の家庭教師がおすすめです。

しっかりとした学習ノウハウを持つ学研は、勉強の習慣のないお子さんから難関校を目指すお子さんまで対応可能です。

たとえは、「プレステージ」という家庭教師紹介センターを利用することで、7年以上の指導経験の一流のプロの家庭教師の指導を受けることも出来ます。

すでに中学受験塾に通学していてなかなか成績が上がっていかないのは、基礎ができていない可能性があります。

それには、しっかりとした学習ノウハウで、丁寧に基礎から固めていくことが近道です。

偏差値50までは、具体的なノウハウで簡単に成績が上がります。

学研は具体的な指導ノウハウを紹介しています。
(家庭教師トライは、選ばれる理由は載せていてもノウハウは載せていません)

 

▼詳細は公式サイトでご確認下さい
学研の家庭教師 コース一覧