偏差値43から偏差値60以上になる中学受験家庭教師の選び方

小5偏差値43からスタートで偏差値60の学校に合格しました。

奇跡の合格は、塾からプロの中学受験家庭教師に切り替えたからです。

当時の息子は、算数がネックで6年になっても第1志望はほぼ無理な成績でした。

もし、あの時、家庭教師に切り替えるという選択をしなかったら・・・

かなりの確率で息子の合格はなかったでしょう。

この記事では、効果的な家庭教師の使い方と選び方についてお話ししたいと思います。

いつから、家庭教師に切り替えるか?

我が家は、小学5年の2月に、6年生受験組終了のタイミングでプロの家庭教師を確保しました。

四谷大塚を主体し、月に数回来てもらうというスタイルを秋まで続けました。

なぜ、塾を主体としたのか

 

  1. 大手塾は受験の情報量が豊富
  2. 家庭教師ですべての科目は高額
  3. 家庭教師1本は、不安要素大。

塾に家庭教師併用は、金銭的なことも大きいのですが、皆が塾へ行っているのに、家庭教師1本は、 6年秋までなかなか、決断しづらかったです。

我が家は6年秋から家庭教師へシフト

いろいろな段階を経て、我が家では、秋から家庭教師主体のスタイルへシフトしました。

結果、第1志望に合わせた受験勉強を組むことができ短期間で成績を伸ばすことができました。

でも、今振り返るといろいろ無駄もあったなぁと。

6年秋では、間に合わないこともないけれど、やはり、夏には切り替えたほうが良かったような気がします。

良い家庭教師を5年のうちに確保

良い家庭教師を確保したいのなら、5年生のうちから探すのがベストです。

6年の夏の時期は、家庭教師を探している人が多くなってきます。

需要が多くなるので、相性の良い人に出会えるかは運です。

ですので、5年のうちにいろいろ探して相性の合う人をじっくり選ぶのがいいと思います。

まだ、5年生であれば、合わなかったら簡単に変えられますので。

6年までは、月1でも十分

相性のいい、プロの家庭教師は高いです。
でも、価格に比例して、やっぱり、高いノウハウを持っています。

家庭教師を探している時に、ぶつかる一番の壁です!
高いノウハウのある良い先生を見つけても、普通の家庭では、毎週見てもらうことは、費用的に無理です。

なので、相性がいい良い先生が見つかったら、家庭の財政事情に合わせて、無理のないよう不定期でお願いして縁をつなぎます。

頻度としては、成績や、目指す学校にもよりますが、6年生のいよいよという時期になるまで、

月に1回程度十分だと思います。

いい先生を確保していると6年になって無理と思えるレベルでも合格を引き寄せてくれます。

実績のある先生は、いかにしたら合格させられるかのテクニックを持っているので安心、ということもありますが、これまで、定期的に見てもらっているので、お互いの性質よく理解しているというのは大きなポイントです。

ダッシュをかけるとすぐに加速しますから。

やるべき課題を出してもらえるかが成績アップの秘訣

多くの家庭教師の先生は、次の訪問までに課題を出してくれます。

でも、この課題には、やらなくていい課題もあったりするのです。

すでにできてることよりも、出来ていない課題、に取り組まなければ成績は上がりません。

優先順位をきちんと見極めることがこの時期大事です。

ですから、家庭教師の先生には、今、何が出来ていなくて、来月までに、何をすべきか課題を出してもらいます。

どんなに優秀な先生でも、何が出来ていて、何が出来ていないかを正確に見極めることは難しいので、そのへんの情報は、親がしっかり子供の成績を調べて、先生に提示します。

模試の結果をみると、どの問題がいつも出来てないかがわかりますので、苦手な分野を簡単にメモして渡すだけでも大丈夫です。

受験は結局は、苦手なところを潰し、どれだけ勉強したか

成績を伸ばすための具体なその子に合った方法を見つけ、正しく子供に指示し、それをその子がその方法どおり行う。

そうすれば、必ず成績は上がります。

塾ではなぜ成績が上がらないのか?

その子に合った具体的な方法を指導してくれる人が、本来塾であればいいのですが、

塾は、大勢の子を見ています

テストの答案から見えないその子の苦手なところを細かく指摘してくれません。

  • 答案に書くひっ算が汚くて、数字を書き間違えミスをする
  • 問題を解く配分をわかっていないから、できる問題も落としている
  • 基礎的なことがわかっていないから応用が利かない
  • 語彙力がないから問題を理解できていない
一例をあげてみました。

息子の家庭教師は、息子が問題を解くとき

隣でじっと見ていました。

「何に躓いたか」

「どんな無駄があるのか」

それを正しく見抜き、
ちょっとしたアドバイスをもらい

すぐに成績が目に見るほど上がりました。

 

この役割ができるのであれば、

プロでなくても優秀な学生家庭教師でも構いません。

 

ただ、プロの方が、学生よりノウハウを持っているので、当たりはずれは少ないですね。

 

優秀な家庭教師の見つけ方

資料請求して、自分の中で基準を設ける

少なくとも2つは、資料請求して自分の中で基準を設けます。

  • プロと学生などを使った家庭教師と何が違うのか。
  • 派遣センターとしての質はどうか。
  • 合格実績はどうか。
  • 合格までの具体的な指導スケジュールはあるのか
  • オンラインで家庭教師をしてくれるか

最近、オンラインで家庭教師してくれるところが増えています。

ここは、このご時世、大きなポイントですね。

このように、資料請求した派遣会社でこれら基準について比較することで、我が子を任せたいところが見えてきます。

家庭教師を体験した場合に見るべきポイント

家庭教師は、多くの場合において、

まず、

カウンセリング → 体験

という流れになります。

カウンセリング時や体験授業では、いろいろな要求を家庭教師に求めることができます。

ここ、ポイントです。

この時に、どれだけ、具体的に要望や、家庭教師に求めるゴールについて指示できるか。

ただ、

  • 合格せさてください
  • 成績が上がればお任せします

と言ったお願いでは合格の確率は上がりません。

今、子供は、

  • 何のどんな分野でつまずいているのか、
  • 子供の性格の何に危惧しているのか
  • 国語は、何が不得意で悩んでいるのか
など、など、具体的に説明します。

カウンセリングの上手なところは、この時点でうまく悩みを引き出してくれるのですが、家庭教師の先生にも細かくそのことを直接伝えるのと伝えないのとでは、プロセスに違いがでます。

結果、具体的な指示を家庭教師側が受け入れてくれるところが、合格を近づけてくれるよい家庭教師です。

 

電話より資料請求がおすすめ

いきなり電話は、おすすめしません。

なぜなら、勧誘に負けてしまうからです。

自分の意思で資料請求してじっくり内容を確認が一番です。

最低でも気になる2社の資料請求をします。

2社で比較すると、そのあとで電話がかかってきたときに、相手に突っ込んだ質問もできます。

また、気に入らない場合も、

「どこが気に入らないのか」

はっきり伝えることができ、断ることができます。

 

プロの家庭教師はどこで探せばいいのか?

まず、「プロの家庭教師」とは、どんな基準が満たされればプロなのでしょうか?

資格がしっかりしているわけではないので、この線引きはとても難しいです。

これは、「プロの家庭教師」として運営しているところを、それぞれ自身で比較して見るしかありません。

とはいえ、基準みたいなものを知りたいですよね。

参考:プロの家庭教師

家庭教師といえば、「トライ」をイメージする人が多いと思いますが、

「広告料や、運営会社の利益から引いた金額が家庭教師の代金になるのですがから、家庭教師の方々の報酬を考えて、我が子を合格へと導くパフォーマンスができている家庭教師派遣会社なのか」

気になります。

テレビCMでの露出が多いということは、広告料も相当です。

知名度で飛びつくよりも、このような視点を持って、コストにあったパフォーマンスを得られる家庭教師を多く持つ会社なのかどうか考え選ぶことが大切です。

まずは、気になったところから資料請求したり、ホームページでチェックしたりするといいでしょう。

個人的には、知名度が高い学研の家庭教師の質を基準に、気になるところと比較してみるのがいいかなと思います。

学研中学受験家庭教師

学研は、広告等の露出が少ないけれども、学研の知名度と、しっかりとした学習ノウハウを持ち、勉強の習慣のないお子さんから難関校を目指すお子さんまで対応しています。

オンラインでの家庭教師授業も行っているので、利用しやすいというのもポイントです。

特に、学研のプロの家庭教師コースは、オリコンの満足度ランキングで1位獲得の実績があります。

こちらのコースもオンラインで受講を受講することができます。

学研の家庭教師のいいところは、それぞれの学力や学年に応じて、コースがたくさんあり、、成果に直結するシステムになっているところです。

学研の家庭教師と気になっている家庭教師派遣会社の資料を請求して、細かく比較して検討してみてください。

家庭教師で短期間で成績を上げる方法

偏差値50までは、具体的なノウハウで短期間でも簡単に成績が上がります。

サピックス、日能研、四谷大塚、早稲アカなどすでに受験塾の通っているが、ついていけないというお子さんは、基礎ができていない可能性があります。

それには、しっかりとした学習ノウハウで、丁寧に基礎から固めていくことが近道です。

学研は具体的な指導ノウハウを紹介しています。

学研の家庭教師についてもっと詳しく知りたい方は公式サイトでご確認下さい。

学研の家庭教師 コース一覧