小学5年12月11日の記録

塾通いをしているママとたまに中学受験の情報交換をしています。

 

6年生の子を持つ先輩ママから

 

「家庭教師探しは早めにするといい」と教えてもらいました。

 



 

えっ!家庭教師!?

 

うちは、塾通いしているし、

家庭教師に乗り換えるつもりも

併用するつもりも全くなかったので

 

「家庭教師を探す!」

なんていう発想がまるでありませんでした。

 

よくよく話を聞いてみると、

 

6年の後半、順調に成績が伸びて

合格確実の人はほとんどいない。

 

合不合の判定に悩まされ、

「第一志望は無理かも」

と思って家庭教師を探す頃には、

良い先生はもういない。

 

ああ、なるほど!

 

その事例、確かに我が子にも当てはまるかも!

 

6年を教える良い家庭教師の先生も区切りは、

1月末無事に合格をさせたら終了です。

そういういい先生を確保するには、

5年生は12月から1月がチャンス。

 

だそうです。

 

でも、5年から家庭教師?

 

そんな、お金持ちじゃないし、

金銭的な余裕はありません!

 

と、興味なさげに、

ママ友の話を聞いていたら、

 

「月に1回見てもらったり、

春期講習で数日見てもらい、

家庭教師の先生とつながりを持つといい!」

 

おー!そういうことか!

 

6年の夏になり、

不得意科目を見てもらったり、

塾から家庭教師にシフトして

志望校に絞った指導をお願いして志望校合格を狙う

 

というのが裏技らしいというのです。

 

ということで無料で家庭教師の資料請求をして

6年ママのアドバイスを検討してみたいと思います。

 

ちなみに、アルバイトではなく家庭教師はプロがいいらしい。

 

そして、広告をほとんど出していないところが良心的です。

家庭教師は、宣伝料を使って知名度をあげているところは、

利用者を多く獲得することを目的としているので

家庭教師の質にバラツキが出ます。

 

受験のノウハウも知らない、

外れ教師に中学受験を任せるなんて出来ません。

テレビのCMやチラシの広告料を私たちが負担していると思うと

知名度が高いことを疑う目線も必要です。

 

当たりの家庭教師を見つけるためには

何件も資料請求して比較すること。

 

比較してわかったことは、

プロの指導者、特に中学受験のしっかりとしたノウハウをもった

プロの家庭教師のいる家庭教師派遣会社でした。

 

6年生の受験終盤期12月ごろから、

優先予約を受け付けているところもあり

良い教師と出会うチャンスも

早めのアクションが大事です。

 

5年生で優秀な家庭教師を見つけ

不定期に利用して、6年のいよいよの時期までキープする

この発想大事です。

 
▼家庭教師の選び方についてはこちらの記事で詳しく紹介しています

偏差値43から偏差値60以上になる中学受験家庭教師の選び方

▼関連記事
我が家の家庭教師関連記事はこちら