小学5年12月16日の記録

国語を味方の教科にして受験を制覇する!

国語が全然できない子におすすめの本を紹介します。
最近の本ではありませんが、とてもわかりやすく、10万部突破の国語を得意にするバイブル的書籍です。

<中学入試>
国語の読解は「答え探しの技(ワザ)」で勝つ!国語を味方の教科にして受験を制覇しよう!

口コミで評判が良く、読んでみたいと気になって

Amazonで注文し早速読んでみました。

 

本の順番通りこなしていけば

国語の基礎ができるという内容です。
息子も冬休みはじっくりこの本を使って

国語の基礎をしっかりつける計画です。

 

これまで国語がなぜできないのか?

 

それは、読み方の基本、

解き方の基本がわかってなかったから!

 

息子は、国語の成績が安定していません。

偏差値48くらいの時もあれば、偏差値59の時もある。

 

安定しないのは、やっぱり基礎ができていないから。

 

偏差値がいいの時があるのはたまたま。

多分偏差値48が実力だと思います。

 

 

予習シリーズや塾でもらったプリントを復習すれば

『国語の成績は上がります』

 

と塾の先生は言うけれど、

 

言うとうりにやるとホント時間がかかるんですね!

 

この本は、ポイントを絞って説明しているので
取り組み安いです。

 

冬期講習は行かないので、この本をじっくりやらせて

基礎をしっかりさせようと思います。

 

そうそう、申し込んでいた冬期講習12月になって急にキャンセルしました!

 

▼息子が冬期講習をキャンセルした理由はこちら

中学受験5年の冬期講習はキャンセルしました!

 

この本で国語のコツがつかめたら、予習シリーズや

週テスト、塾のプリントを少しずつやり直させるつもりです。

 

新6年になると、国語にじっくり取り組み時間がなくなると思います。

計画では、この冬休みを有効に使うつもりです。

 

 

小学5年12月

 

こちらの本もおすすめです。