小学5年12月組分け結果が出ました!

 

今回は、「御三家を狙わない組み分け対策」

で臨んだ組み分け

詳しい記事はこちら⇒御三家を狙わない子の組み分け対策!

 



 

結果は、散々!

Cコースにぎりぎりとどまったのが不思議なくらい。

 

暗記に力を入れなかったから当然の点数です。

 

でも、息子は悔しくて悔しくて泣き叫んでる!

 

息子:「こんなにできないのはクラスで僕だけだ!」

息子:「Cコースの一番下なんて恥だ!」

息子:「暗記を頑張ればもっと点数がとれたのに」

息子:「お母さんの言うとおりのやり方で失敗した」

息子:「塾に行くのもやだ!受験辞めたい!」

 

責められて、責められて、責められてます。

 

確かに、点数は悪いけど、内容は悪くない。

苦手だった算数で点数が取れたのだから間違ってない!

 

大問も1問はできたのだから。

最初は、手を出さない作戦だったのに

時間が余ったから挑戦したのだという。

 

時間が余る配分で解けたから

大問も落ち着いて取り組めて正解することができた。

 

この配分でできたことが何より収穫です。

 

正答率が悪い問題が理科でも取れている。

 

泣き叫ぶ息子にとにかく答案の内容が良いと

褒めて褒めて上げました。

 

母:『これで、暗記ができればもっと点数は安定してくるから』

母:『暗記に稼ぐ方法からの脱却が本当に行ける学校への近道』

母:『苦手の算数がよくできたのはマグレじゃないんだよ』

 

何時間も近所に聞こえるほど泣いたけど、

私が伝えたいことの意味がわかって

ようやく泣くのを辞めた息子
なかなか分かってくれなくて

キレそうになったけど

 

「塾に行きたくない!辞めたい!」

 

こんな風に思わせてしまったのも

私の大胆な組み分け作戦のせい

 

前向きになってくれたのでホッとしました。

 

今回、息子が、Cコースの一番下のクラスが恥だ

 

と言ったのは驚き!

ついこないだまで、Bコースだったのに!

 

息子の中では、CコースとBコースは別世界のよう

より高い環境に身を置くことで

自分が高められる感覚を知ったようです。

成長してるなぁ。

 

数日前から中学受験 国語の読解は

<中学入試>国語の読解は「答え探しの技(ワザ)」で勝つ!国語を味方の教科にして受験を制覇しよう!

▼本についての詳しい記事はこちら

「答え探しの技(ワザ)」で中学受験国語をマスターする


 

この本、息子もはまって読んでます。

 

最初は、一緒に読んで長文の取り組み方を

説明したりしていたのだけど

自分で読んだほうが早い!って思ったみたいです。

 

『わかりやすい』『なるほど』なって

言っているから効果が期待できる?

 

小学5年12月

 

中学受験が不安になった時に読みたい本