小学5年2月3日の記録

四谷大塚に通う小学5年の我が息子

1月の新6年の組み分けに向けて

本当によく頑張って来ました。

 



 

算数が苦手で算数苦手分野を

ひとつずつぶし臨んだ組み分け。

Bコースに落ちないことを目標に頑張りました。

 

結果は、Cコースの上の方のクラスになってしまった!

 

完全にビビってる。

 

また、出来る子のクラスに入ってしまった。

 

地頭がない息子。出来る子に囲まれて

またコンプレックスになり

縮こまってしまうのではないのか。

 

クラスを落としてもらったほうがいいのではないか・・

 

 

塾に相談すると、息子の努力が実った結果。

 

息子さん以外が飛び抜けて出来るように

感じてしまうかもしれませんが

息子さんと同じようなタイプのお子さんもいます。

 

そういう子がまわりの刺激を受け、

力をつけ御三家に合格したケースもあります。

 

 

クラスを下げるのはいつでも出来るので、

しばらく頑張ってみてはいかがでしょう。

 

 

息子は「頑張ってみる」というので

クラスを落とさずスタートすることにしました。

 

御三家なんて狙ってないから、逆に不安になります。

 

潰されるのではないかと・・・

 

「クラスを下げてください」

となぜ強く言えなかったのだろう。

 

 

親が思っている以上に、

本当は力をつけたのかもしれない。

本当に出来るようになってきたのかもしれない。

と思いたい自分もいるのです。

 

 

新6年のスタートが吉と出るか凶とでるか。

 

 

しかし、スタート遅くして入塾して

Aコースからスタートして

これまでよく頑張りました。

 

 

初の組み分けでBコースに上がった

あの時の責めの気持ちを思いだし

この1年頑張ろう

▼入塾当初とその方法

小学5年初の組み分けテストでAからBコースに!その方法は?

中学受験って難しい!

 

 

でも、本番は1年後、モチベーション維持できるのか・・・

 

小学5年(新6年)1月

 
成績が上がらない時に読みたい本