小学6年1月31日の記録

いよいよ、明日!

中学受験試験本命本番です。

 

今日は、夕方から

家庭教師の先生が来てくれました。

 

部屋の外からの話し声から

先生からのお話がメインだった気がします。

 

僕が君と会った時から全然違う人になったみたいだ

自分から問題を解決しようという力強さがある

こんなに短期間でも人は変われるんだね。

 

誰よりも過去問を分析して

だれよりも過去問を解いてきたね。

 

そんな話を初めにしてくれました。

 

そのあとは、過去問を見ながら、

算数は、どの問題から解く?

 

こんなパターンが来たらどう対処する?

などなど、シュミレーションしていたみたいですね。

 

最後に握手してパワーを送ってもらいました。

なんだかあったかーい気持ちに親子でなりました。

 

7時夕飯を食べ、お風呂に入って、

まとめノートを眺めながら

9時半に寝かせました。

 

なんだか寝付けないようでしたが、

さっき見に行ったら

いい顔で寝ていました。

 

明日が怖いです。

 

もう、親は何もして上げられないのですから。

長い長い中学受験生活も終わりを迎えています。

 

行きたかった学校へ、

無理というレベルから

受験できたことが奇跡です。

 

6年で挫折して、

中学受験をやめようと思った息子

 

学校を再び見に行って、

やっぱりこの学校に行きたいと

再び受験を志した息子。

 

オーバーワークで潰れそうになった息子。

塾をやめた息子。

 

すばらし家庭教師の先生のお陰で

無理だと思ったレベルから

這い上がれたこと。

 

親子ゲンカもたくさんして、

いっぱい怒っていっぱい泣いて

いろんなことたくさん経験しました。

 

息子の成長も母も成長した2年間でした。

できれば、第一志望に合格させて上げたいけど。

 

ダメでも、たくさんたくさん褒めて褒めて

頑張ったことを喜んで上げたい。

 

積み上げられた、プリントのファイル、

予習シリーズをみると

涙が出てきます。

 

いよいよ明日。無事に迎えられますように!

 

小学6年1月