小学5年12月28日の記録

たいていの中学受験生は、

 

冬期講習で一日中塾で勉強して、

家に帰ってからは、宿題に復習で忙しい。

6年生には正月特訓で元旦から塾。

 

当然、年始を迎えるための準備、

大掃除にも参加しない。

 

元旦から塾となると正月気分も封印。

 

6年生にとっては、

冬休み開けてすぐに1月校の受験が始まるのだから

それぐらいやるのが当たり前なのかもしれない。

 

でもね、なんか変!

塾の経営のための冬期講習という

考え方をどうしてもしてしまいます。

 



 

中学受験生小5の息子は

冬期講習に行っていない。

▼詳しい記事はこちら

中学受験5年の冬期講習はキャンセルしました!

 

冬期講習を辞めた小5の息子のスケジュール

7:30 起床
一行計算・漢字・ことばの練習帳
8:00 朝食
家族と一緒に掃除
窓ガラス、玄関、家具の拭き掃除など、1箇所指定
終わったら、勉強時間まで自由(この特典のため結構スピードアップしてやってくれる)
9:00 徹底的に算数!予習ナビを見たり、しながら苦手な分野に取り組む
12:00 昼食

16:30 おやつを食べて夕食まで国語の長文
19:00 夕食 + 家族団らん
19:30 理科 or 社会 (家族団らんが長引いて20:00近くになってしまうが・・・)
終わってお風呂
21:30 算数 午前中の問題をもう一度復習
予習シリーズは予習ナビを見て親子で勉強
寝る前に、サブノートさらっと読む
10:30 就寝

 

こんなスケジュールで過ごしてます。

28日の今日からは、大掃除の手伝いをさせる予定です。

 

なかなか時間通りに始められず、

途中で休憩もしているけど

 

毎日6時間は勉強しているかな?

 

冬期講習へ行っている人に比べると少ないのかもしれないですが、

苦手克服のために落ち着いて学習ができている。

 

受験を年明けに控えた小6の来年の今頃はどうしているか?

さすがに、冬期講習は行っているだろうな。

 

でも、正月特訓は受けないと思います。

掃除も手伝ってもらうし、

元旦の日も家族団らんの時間も優先すると思います。

 

中学に入って、思春期になると親と一緒にいるのを嫌がる。

反抗期で、掃除もしないかもしれないし、

家族団らんも面倒くさい顔をするでしょう。

 

だからこそ、今の時間を大切にしたい。

 

「お正月を迎えるための家族の役割」

「新年を家族で迎える楽しさ」

 

これを伝えなれなかったら、

息子が家族を持ったとき

自分勝手な夫、

自分勝手な父親になるような気がします。

 

大げさかもしれないけど。

 

家族といると居心地が良い、

癒されるという気持ちを与えてあげたいです。

 

受験のあとやってくる難しい反抗期を乗り越えるために。

 

自分の遠く過去、高校受験、

大学受験の時の年末年始の過ごし方を振り返ってみました。

 

ストイックに勉強していたなぁ。あの時だけは。

 

でも、年末年始は、家族の年始を迎える雰囲気、

元旦の家族団らんの雰囲気は清涼剤でした。

 

勉強の合間に、窓ガラスを拭いたり、

お風呂場を丁寧に洗ったり

少ししか手伝わなかったけど、

それは気分転換でもありました。

 

塾には振り回されない!

大切なのはそのあとの人生だから。

 

小学校5年12月

 

この時期に読みたい本