中学受験初戦は、本当に緊張しましした。

本人は、どうしても受かりたいと気負った感じだったので

裏目にでないかハラハラでした。

 

「落ちても大丈夫。まだ初戦」

「入試は初めてだから、2月1日の模試だと思って受験しよう!」

 

この声掛けは、良かったのか悪かったのか?

 

声掛けはしてあげたけど、

本人のプレッシャーは

全然取り除かれてはいなかったようです。

 

「とにかく合格しなきゃ」

 

という、気持ちで前日と当日の試験開始までは、

舞い上がった状態でした。

 

初戦に焦点を当てて、徹底的に対策をして望み

あらゆるケース

 

「問題を解く順番」

「難しい問題が出た時の対処法」

「緊張したときは深呼吸」

 

をシュミレーションしたことでなんとか、

興奮状態でも力を発揮できたのではと思っています。

 

実際、周りの子の

「カリカリと答案を書き込む音」が

気になって、最初の数分は、

問題が頭に入っていかなかったようです。

 

深呼吸して、わかる問題を探し、解いてから

落ち着いて集中出来るようになったとか。

 

家庭教師の先生と

シュミレーションをたくさんしていなかったら

緊張に負けて力を発揮できなかったのかもしれません。

 

親の反省点としては、息子を興奮状態から

落ち着かせて上げられなかったことです。

 

リラックスさせて過ごさせたつもりでも

実際はぜんぜん興奮状態が収まってなかった。

 

思うに、リラックスさせたことで、入試の不安を

考える時間を与えてしまったのかなとも。

 

つまり、リラックスさせすぎた?

心のコントロール。難しいです。

 

まだ、12歳ですから。

 

本番は、模試とは全然違う。

 

力を出せなくて当然と思うことが

もし不合格だった場合の心のケアにつながるのかも

合格と不合格は紙一重だと思いました。
■当日持って行って良かったもの

・まとめノート
苦手なところ、見ておきたいところをまとめたノート
植物の苦手なところ
天体
漢字でよく間違えるところ など、など

・チョコレート
試験の合間に食べたようです。
砂糖は脳にいいようなので

・暖かいお茶(ステンレスボトル)
とにかく喉が渇いたのであって良かったようです。

・ホカロン
体が冷えないように

・マスク
インフルエンザ対策でずっとマスクです

・薬
お腹が痛くなった時のために
実際は使わなかったけど

・お守り
・母の手紙
試験前に読むように渡した母の手紙は
ちょっとユーモア交えてのエールで
息子は、少しリラックスしたと言ってくれました。

 

予習シリーズは持って行ってけど、

結局どこを見ていいのか

分からなくなってほとんど見なかったとか。

 

小学6年1月