小学6年11月5日の記録

中学受験入試問題で必ず出る時事問題

知っていれば、解ける問題なので得点源になります。

どうやって勉強するのか?

 

四谷大塚のニュース最前線

すごく良くできた教材です。

 

これを、スキマ時間に読む。

寝る前に眺める。

 

これだけでも、かなり覚えることができるので

毎日、眺めて欲しいと先生に言われています。

 

でも、これだけじゃ不十分!

 

【受験直前の時事問題対策】は

「受験する過去問の時事問題出題傾向を分析する!」

 

息子が、受験予定の1月の埼玉の受験校は

ニュース最前線に載っていないことばかりで

過去問をやると、時事問題で点数が全く取れません!

 

社会は特に受験校によって問題の出し方が違います。

 

できないから、過去問を何度も繰り返し解くのは、

算数や、理科の勉強の仕方。

 

社会は、過去問を分析して出題傾向を把握して

それに沿った勉強をする。

 

社会なんていくらでもしかもいろんな角度から

問題を作れるので対策を立てるか立てないかで

損もするし得もするそうです。

 

過去問を分析することで正答率の低い問題が解ける!

大きな得点源になります!

 

勉強の方法としては、問題の出し方を把握する。

 

例えば、

 

歴代の首相の名前

政党の党首の名前

 

このような問題の出し方をするとわかれば

 

ネットで調べて、覚える!

 

知っているか知らないかで答えられる問題で

点数を落とさない!ということが

 

1点差で不合格

という悲劇を免れることだって

できるかもしれないのです。

 

小学6年11月