小学6年4月6日の記録

中学受験最終学年小学6年の春休み

今回は春期講習に行かないで、

家庭教師の先生とじっくり苦手分野の復習に

当てたかったのですが

息子の意志を尊重して春期講習に行かせました。

息子とバトル!春期講習は必要じゃないと思う!

 

なるべく負担が軽くなるように、

息子に任せきりにしないように

テキストを見たり、

宿題を横で見て上げたりしました。

 

効率よく勉強ができるように、

取り組む科目の順番や

力を入れるもの、さらっと流すものなどの

アドバイスもしました。

 

暗記物は、コピーして部屋中に貼ったり、

リビングテーブルの透明のマットの下に入れたり、

トイレに張ったりしました。

 

ここまで親がするなんておかしいのかもしれないし

ここまでしてあげる必要があるのかとも思うのだけど、

 

頑張りたい息子を横で見ていて、

ここで崩れていってしまわないために

できることはしてあげようと思ったからです。

 



 

春期講習は、欲張ってもしょうがないから

ひとつでも苦手分野が得意分野になればいいからと

言い聞かせました。

 

息子は本当によく頑張りました。

 

でも、頑張らせなくても良かったんじゃないかって
という気持ちがして後悔しています。

 

 

次は、合不合判定テスト。

ここへ向ってのんびりやっても良かったのかも。

 

春期講習でやったことは無駄にはなっていないと思う。

でもこの頑張りが合不合まで持つとも思えないし、

持たせるのも可哀想。

 

本当は、休んでなんかいられないのだけど、

土日はゆっくり休ませることにしました。

 

楽しいことをたくさんやってリフレッシュさせて

また月曜日から合不合に向けて頑張ることにします。

 

対策としては、過去問を何回もやらせて

時間配分を身につけさせることかな。

 

 

この訓練は、入試にも役立つ。
問題を見て、どの順番から問題を解いて

どの問題を捨てるか。

 
これは、家庭教師の先生のアドバイス
持っている力を120パーセント出すには

こういう訓練も必要だとか。

 

小学6年4月
 
暗記に役立つ!壁に貼れるお助けアイテム