小学6年7月5日の記録

6年6月の組み分けは、

CからBコース転落でした!

受験って甘くないなって痛感した6月でした。

 



 

一度、気持ちが切れて、

受験やーめたってなると

こんなにも成績って落ちてしまうものなのですね。

 

みんなが、頑張っているのに

何日も勉強しない日があったのだから

当たり前なんだけど・・・・

 

それにしても、息子の成績は、

ジェットコースターのようなだな。

 

5年の4月に入塾して、

偏差値43。Aコースからのスタート。

 

組分けごとに偏差値もあがり

5年の11月には、BからCコースへ

小学5年11月組分けテストCコースまさかの偏差値62!


 

順調すぎるくらい

 

でも、基礎学力がないのに、Cコースへ行ってしまったのが

やっぱり良くなかったんだと思います。

 

5年で頑張り過ぎちゃったのかな。

 

息子の第1志望は、

御三家の子も滑り止めに選ぶ学校。

 

2回めは、超難関校受験した子たちが受験するから

合格する確率は極めて低いのですが、

2月1日だったら望みがある。

 

そう思ってたけど、Bクラス転落で望薄!?

 

塾の先生から、組み分け後に電話がありました。

 

「力がないわけではない。実際に、

短期間でAコースからCコースに行ったのだから

まだ、可能性はあります。

四谷からもBコースで合格した子も毎年数名います。」

 

励ましのお電話ありがたかったです。

 

でも、励まし・・・・ 力があるとは言ってなかったし。

 

うーん、これからどうする?

 

先生は、BコースとCコースって凄い差があると言ってました。

 

だから、Bコースに行っても、

Cコースの問題までやるようにとのこと。

 

基礎がためは大事だけど、難しいものをやっておかないと

せっかく、ついた力も落ちてしまうとか。

 

筋トレと一緒らしい。

 

息子の様子は、と言うと

「一度やーめた」ってなったので

クラス落ちの覚悟は、

テスト受けた時にもうわかったらしい。

 

やっぱり。という感じて

それほどショックを受けている様子でもありませんでした。

 

それでいて、どこかで第一志望に合格できるって

思っているところが子供だなーって思います。

 

これから、私がやることは、

ここなら行ってもいいと思える

第2志望を探すことなのかな?

 

今は、コツコツ 四科のまとめをやってます。

それにしても、四谷の教材ってよく出来てるわ!

 

四科のまとめをとにかく、繰り返しやる。

後悔がないように、今やるべきことをするのみ!

 

小学6年7月