中学受験は算数が攻略できれば、難関校も目指せる実力が付きます。
目指すは、算数偏差値60。基礎ができると偏差値は60になると塾の先生に言われました

算数の偏差値がどんな問題が出題されても60を超えると基礎ができたとされ、その他の科目、国語、理科、社会で偏差値60よりも合格率が高くなります。



出題傾向が予測できる算数

算数は、中学受験で習うべき単元が決まっています。

ですので、速さ、図形、場合の数、など各単元をマスターすれば、難しい問題が出ても、習ってきたことをツールにして解きくことができます。

一方、理科や社会は、入試では塾で習っていない範囲やクセのある問題の出し方をされれば、いつも成績が良くても習っていない問われ方のため点数は取れないということが起こります。

国語も、学校により出題傾向があります。

たとえば、模試で志望校の合格率が80%になったとしても、それは、その模試の出題傾向と同じ場合なら80%になりますが、違う出題のされ方をする場合では80%になるとは限らないということです。

しかし、算数であれば、出題される単元は決まっているので、他の科目よりも安定した結果となるということです。

算数は攻略しやすい

算数は、単元ごとに克服していけば攻略できます。

息子の6年の夏休み明けの算数の成績は、偏差値54でした。

ここから戦略的に勉強をして、受験前には算数は偏差値60を超える力がつきました。

入試本番には、算数はわ出来なかった問題は1問だけ。結果、第一希望の中学に合格することが出来ました。勝因はやっぱり算数だったと思います。

息子が苦手な算数を克服した算数の勉強方法を紹介します。

四科のまとめで算数苦手克服

息子は、四谷大塚に通っていました。算数苦手克服に使ったのは四谷大塚の四科のまとめ。四谷大塚の公式サイトから購入することができます。無料でサンプルもダウンロードできます[公式サイト]

四科のまとめ算数勉強法

苦手な単元を潰すために、まんべんなく学習し算数の基礎を徹底させる

■「四科のまとめ」を最初のから順番に解いていく。
■例題を見て解き方を見ながら解き、解答を見ながら解法を理解させて解く
■同じ問題を解答を見ないで解いてみる。
■できなかったところは、印をつけて、数日後、また解く
■できないところができるようになったら、また最初から解く

この繰り返しで、「四科のまとめ」を何度も何度も解いていきます。

かなり時間がかかる作業ですが、根気よく続けることで確実に偏差値が上がっていきます。

この方法で、息子は10月ごろ偏差値が56前後になりました。この時期に56の偏差値があれば、さらに60前後の学校に合格できる力までにはなります。

偏差値60前後の学校を狙う場合の勉強法

算数の基礎を確実にし、さらに難易度を上げた応用問題を並行して解くことで難しい問題でも解ける実力をつけていきます。
■四科のまとめは入試直前まで原則として解く(基礎の徹底)
※できるようになってくると解くのに時間がかからないようになってきます。
■四科のまとめは、確実いできる問題は飛ばし出来ないところを何度も解く。
■それと並行して、応用問題を解いていく
■「実力完成問題集」は難易度を徐々に上げながらやっていく
■「実力完成問題集」も出来ない問題はできるまで繰り返して解く

問題のパターンを覚えるのが狙い

何度も繰り返すことで、問題を見ただけで、解法が浮かぶようになってきます。

問題のパターンがわかることで、悩まず直ぐ解くことができます。ここでスピードがつきます。

入試では、当然今まで見たことのない問題が出題されます。

その時に、他の問題を短時間で解くことが出来ていれば、難しい問題をじっくり考える時間が他の人よりも多くなり有利になるのです。

見たことのない問題でも、じっくり考えることで案外簡単に解けるものもあります。

そうした場合、それが得点源になり他人と差をつけることができるのです。

実力完成問題集が出来ない

息子の場合、12月になるまで、応用問題は全く歯がたたないレベルでした。

それが、12月に入って、突然、何かがつながったがごとく解けるようになりました。

これは、全く不思議な体験で、これをきっかけに、難しい問題がどんどん解けるようになっていきました。

塾の宿題が多くて苦手克服する時間がない

受験も後半になると、学校別の入試クラスがはじまり、やることが多くて勉強する時間がありません。

我が家もそうでした。「塾の勉強をおろそかにして苦手克服なんてできない」

塾は、個人向けのカリキュラムとなっていません。

ですから、ここでやるべきことをきっちり精査しなければなりません。

「苦手分野がなくなればそれだけ合格に近づく!」

希望の学校に合格するためにすべきことは何かということを逆算するとここにたどり着きます。

優先順位は、基礎がためなのです、(「四科のまとめ」)
そして、最終的には、過去問を解きながら、できない問題ができるようにするための勉強をする。

具体的な中学受験必勝勉強法

■苦手な単元を把握する(ざっくり苦手な単元ランキングしてみる)
■その中でなんとか得意にそうなところと全く歯が立たないところがでてくるので交互に学習する。
■塾の難しい問題はさらっと取り組む。
■全て完璧にしない。全部こなそうとしない。
■一つずつ苦手なところを潰すイメージで取り組む
■志望校の過去問を同じように何度も解く

■わからなかったら先生を利用する

まとめ

四科のまとめは基礎を固めるには非常に良くできた教材です。

この教材を上手に使いこなして基礎固めが出来れば偏差値も60を目指すことが可能です。

算数攻略はわからない単元を潰すこと。

それには、単元ごとの基礎固めです。

この時期は、消化不良のまま塾に通うことが一番合格から遠のくまずいパターンです。

消化不良になっている、偏差値が上がらない、何をやっていいかわからないという状況になったら、

「苦手なところを克服する」

ということを焦点にあてると、「一つクリアになった」という自信が勉強意欲も加速させ前進することができます。

我が息子も、消化不良になり、何をやっていいかわからないどん詰まりの状況から、基礎を徹底させ奇跡の合格となりました。

基礎固めばかりやって、合不合で点数が取れず悩んだとこともありました。

でも、「最終的に中学受験入試問題が解ければ、合格できる」ここを目標に、途中の成績も気にせずぶれずに基礎固めが応用問題も解ける力をつける近道となると思いました。

 

他の塾でも四科のまとめのような基礎固めできる教材があると思います。まずは、そのテキスト中心に学習して基礎固めしてみて下さい。

算数苦手克服に役立つ本