四谷大塚小学5年Cコースでも志望校が開成・麻布!?

小学5年11月26日の記録

boku

11月の組分けテストで

BコースからCコースに上がった

小学5年の受験生の息子

 

Cコースって、とんでもないクラスだよ!

boku

 

と興奮状態で塾から帰って来ました。

 

mamagon

Cコースにすでに在籍する彼らの志望校は
志望校が開成・麻布・武蔵・早稲田・・・
御三家や超難関校ばかりらしい。

 

息子のクラスはCコースの一番上のクラス。

Cコースというのは、これまでBコースだった息子にとっては、輝かしい出世ではあるけど、御三家狙いの子にとっては、Cコースにいるのは屈辱的らしい!?

そんなことを、四谷大塚で開成狙いの同級生ママから聞かされていたことを思い出しました。

mamagon

今までSコースだったのに、組み分けでCコースに落ちてきてしまった子たちが当然いて、みんな次の組み分けでリベンジを狙っているから活気があるってそういえば、言っていたなぁ。

mamagon

そんなクラスに息子は入ってしまったのか!
みんな、どんどん手を上げて、答えるんだよ。
自信があるんだね。答えも全部合ってる。
もう、びっくりだよ。

boku

mamagon

発言の嵐!?
授業は、ものすごく活気があって、勉強に対する取り組みが積極的なのね。
こんな頭のいいヤツばっかりで、びっくりだよ。
みんな全然真面目な感じじゃなくて、面白い。
うちの学校にいない子たちばっかり。

boku

 

Cコースをキープして在籍するくらいのお子さんは、きっと、頭の回転が速く会話も面白いんでしょうね。

息子は、同じ年でもこんな子たちがいるのかと、衝撃的な体験を今日はしてきたようです。

ついこの間まで、中学受験とは無縁で、ゲーム三昧、マイペースに過ごしてきた息子が、果たして、こんな活気のあるCコースでやって行けるか不安にもなりますが、今までとは違う世界をみるというのはいいことです。

きっと、自分との学力の差に、これから壁にぶつかることもあるでしょう。落ち込むこともあるでしょう。

 

mamagon

頑張れ息子!新たな試練の始まりです!
まずは、苦手な算数克服に挑まねば!

 

小学5年11月

算数が得意になるおすすめの本

中学受験は、算数が得意な人に有利な結果をもたらす傾向にあります。

つまり、算数の力をつけなければ難関中学は合格は難しい。

算数苦手克服は塾の問題集だけで大丈夫?

結論からいくと、塾の問題集だけでも大丈夫です。

算数を得意にするには、解き方のパターンを覚えこむことです。

パターンを覚えてしまうと、面白いように解けるようになっていきます。

塾の問題をなんども解いて、覚えこむというのも方法ですが、時間がかかります。

逆算して、パターンにしたがって、苦手なところだけ取り出してやると効率よく苦手克服ができます。

パターンを上手に解説している本を利用すると苦手克服も時短になります。